ママの雑学

おしりふきとウェットティッシュ3つの違い&おすすめの使い分け方法

ゆこママ
ゆこママ
おしりふきとウェットティッシュの主な違いは以下の3つです!
おしりふき ウェットティッシュ
①使用対象 2歳未満 2歳以上
②商品分類 化粧品 雑貨品
③値段 安い 高い
ゆこママ
ゆこママ
それぞれ詳しく説明していきます!

おしりふきとウェットティッシュ3つの違い

おしりふきとウェットティッシュの違いは主に3つあります。

3つの違い
  1. 使用対象の違い
  2. 商品分類の違い
  3. 値段の違い
ゆこママ
ゆこママ
まずは、使用対象の違いから解説していきますね

①使用対象の違い

おしりふきとウェットティッシュの一番の違いは「使用対象」にあります。

  • おしりふき…2歳未満の乳幼児が対象
  • ウェットティッシュ…乳幼児以外が対象

このように、おしりふきが2歳未満の乳幼児に対しての使用を前提とするのに対し、ウェットティッシュは2歳以上を対象としています。

そのため、基本的にはたとえノンアルコールのウェットティッシュであっても赤ちゃんには使用しない方がいいと考えられます。

ゆこママ
ゆこママ
ウェットティッシュの方が値段も高いので、我が家では2歳を過ぎてもおしりふきを愛用していますが…

②商品分類の違い

おしりふきとウェットティッシュ「商品分類」が違います。

商品分類 用途
おしりふき 化粧品(※薬機法の対象) 赤ちゃんのお尻のふき取り
ウェットティッシュ 雑貨品 健常な皮膚の汚れの除去・ふき取り

おしりふきはとてもデリケートな赤ちゃんのお尻をふき取る商品のため、薬機法(※)の規制対象となる「化粧品」に該当。

一方、ウェットティッシュは「雑貨品」のため、薬機法の規制対象にはなりません。

共通点としてはいずれも主成分は水であり、肌荒れを防止するための保湿剤やカビや細菌の繁殖を防ぐための防腐剤などが添加物として含まれています。

家にあるおしりふきとウェットティッシュの成分を比較してみましたが、いずれも制限を守れば安心な原料が使用されてはいたものの、ややウェットティッシュの方が含まれている薬品の種類が多いような印象を受けました。

ゆこママ
ゆこママ
ウェットティッシュはアルコールや香料などを含んでいるケースが多いですね!いずれも、敏感なあかちゃんのお尻には使わない方が良い成分です。

(※)薬機法とは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」の略称で、保健衛生上の危害の発生の防止や指定薬物の規制を定めた法律です。

③値段の違い

最後に、おしりふきとウェットティッシュでは「値段」が大きく違います。

子育て中の皆さまはお気づきかもしれませんが、おしりふきの方が圧倒的に安いですよね!

同じブランドで値段を比較してみた方が良いと思うので、子育て世代御用達の「アカチャンホンポ」のおしりふきとウェットティッシュで比較してみました。

商品名 価格 1枚当たりの価格
水99% Superおしりふき(90枚×24個) 2,770円(税込) 約1.28円
除菌ウェットティッシュ(80枚×12個) 2,310円(税込) 約2.41円
ゆこママ
ゆこママ
1枚あたりの価格が約1.9倍!成分は違えど2倍近い値段の開きがありますね。

我が家でもおしりふきで対応できる用途はおしりふきにして、ウェットティッシュはアルコール除菌が必要な場所に使用して節約しています。

おしりふきとウェットティッシュ、使い分けは?

大きく分けて3つの違いがあるウェットティッシュ。それぞれの特徴を踏まえての使い分けも紹介します。

おしりふきを使った方がよいのはこんな時

おしりふきの使い道
  • 赤ちゃんのおしりを拭く
  • 手や口周りを拭く
  • 細かい部分の掃除
  • 化粧直し

おしりふきは赤ちゃん向けの製品ということもあり安全性も高いので、様々な場所に使用することができます。一方で、アルコール配合のウェットティッシュのような、強い除菌性はありません。

知り合いのママ達も「おしりふきとか、むしろお尻に使わない」と言っている人も多く、口周りや手を拭いたり、ちょっとした掃除やこぼしたものをふき取る時など色々な場面で活躍させているという意見があります。

実際に我が家ではおしりふきを結構いろんなものに使ったりしていて、開封済みのちょっと乾いてしまったものなんかはティッシュの代わりにしたりもしています。

ゆこママ
ゆこママ
同じく赤ちゃん用の「手口ふき」もありますが、肌触りが違うだけで成分は基本的に一緒なので口周りに使っても問題ないんだそう。おしりふきは万能です!

ウェットティッシュを使った方がいいのはこんな時

ウェットティッシュの使い道
  • 2歳以上の汚れた手等をふき取る
  • テーブルなどの除菌
  • 外出時の消毒用品として

ウェットティッシュはおしりふきと比較して除菌力が高い(特にアルコール配合のもの)ので、主に除菌を目的とした用途がおすすめです。

お値段も高いのでおしりふきのように所構わず使うというよりは、ピンポイントで除菌したい部分に使っている人が多い印象を受けます。

我が家は下の子もすでに2歳以上になっているので、外食時のお手拭き代わり(もらえるものだと足りないため)や、家での食卓の除菌、おもちゃの除菌などに使っています。

ゆこママ
ゆこママ
ウェットティッシュは薬品が多く含まれているので、乳幼児には使用しないのがおすすめです!

▼おしりふきはもういらない?代用品まとめ

おしりふきの代用品5選!ウェットティッシュや手口ふきもOK? コスパ メリット デメリット コットン △ 値段が安い 薬品が含まれない ...

【まとめ】違いを理解しておしりふきとウェットティッシュを使い分けよう!

今回まとめたおしりふきとウェットティッシュの違いは以下の3つ↓

3つの違い
  1. 使用対象の違い
  2. 商品分類の違い
  3. 値段の違い

そのうえで、以下のように使い分けるのがおすすめです!

おしりふきの使い道
  • 赤ちゃんのおしりを拭く
  • 手や口周りを拭く
  • 細かい部分の掃除
  • 化粧直し
ウェットティッシュの使い道
  • 2歳以上の汚れた手等をふき取る
  • テーブルなどの除菌
  • 外出時の消毒用品として
ゆこママ
ゆこママ
除菌の必要性に応じて使い分けると、コスパがいいですよ♪

▼おしりふきと手口ふきの違いもチェック!

おしりふきと手口ふき、3つの違い!代用しても大丈夫な理由とは? おしりふき 手口ふき 素材 不織布 ガーゼメッシュ状の特殊シート サイズ (5ブラン...