調理家電

【両面同時調理ができる】2面ホットプレートおすすめ5選!

悩める女性1
悩める女性1
2面調理できるホットプレートのおすすめが知りたい!
悩める女性2
悩める女性2
ホットプレートを買うのに1面か2面か迷い中…
ゆこママ
ゆこママ
2面ホットプレートのおすすめとメリット&デメリットをご紹介します!

2面ホットプレートおすすめ5選

ゆこママ
ゆこママ
数ある2面ホットプレートの中からおすすめ5選をご紹介します!

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート DPO-133

InstagramなどSNSでも話題沸騰中のアイリスオーヤマ両面ホットプレート。2つの料理を同時にできると、主婦の間で人気が高まっています。

1面ホットプレートのように一つの料理で場所をとることがないので、色々な料理を楽しみたいパーティーシーンにも大活躍!

また、両面で温度設定を変えることができるので、片面を保温用にすれば焦げることなく最後まで出来立ての温かい料理を食卓で楽しめるのが最大のメリット。

片方はご飯もの、もう片方でスイーツなど、色々な料理のバリエーションを楽しめるのでファミリーにも大人気。

3枚のプレートも全てまとめて折りたためるので、縦置き収納が可能でキッチンスペースを有効活用することができます。

ゆこママ
ゆこママ
取っ手付きなので持ち運びにもとても便利です!

レコルト 2Way Grill Amet

レコルト「2Way Grill Amet」は一人暮らしやカップルにぴったりのコンパクトサイズの2面ホットプレート。

2枚のプレートで挟み焼きするプレスグリル調理と、開いて2面調理するホットプレートスタイルの2通りの使い方を楽しむことができます。

お好み焼きやステーキなどは両面焼きすればひっくり返す手間もなく、火も表裏均等に通るので短時間でジューシーにうま味を閉じ込めます。

オリジナルのレシピブックも付属しているので、料理初心者でも安心!2面を活かしたグリル料理からデザートまで、料理のバリエーションが増えますよ。

ゆこママ
ゆこママ
厚みは5段階調整できるので、薄いパンケーキから分厚いステーキまで幅広く楽しめます!

マイビストロ ダブルホットプレート

2面ホットプレートとしては珍しい丸型のマイビストロダブルホットプレート。オーブントースターには入らない直径26㎝のピザを両面丸ごと焼くことが可能。

閉じた状態ではピザなどの両面焼きや餃子などの蒸し焼きが、開いた状態では焼きそばやお好み焼きなど2つの料理を同時に楽しめます。

平面プレートは深さ3.5㎝と深めの仕様になっているので、パエリヤなどの炊く料理などもバッチリ。

平面と波型で温度設定を変えられ保温にも対応しているので、お惣菜の温め直しなどにも重宝します。

価格も楽天で6千円台とコスパ抜群!一家に一台あると便利な調理家電です。

ゆこママ
ゆこママ
これだけの機能が備わっていて6千円台の両面ホットプレートは他にありません!

デロンギ マルチグリル BBQ & コンタクトグリルプレート

ホットプレート界に革命をもたらしたデロンギマルチグリル

  1. 開けて「BBQスタイル」
  2. 挟んで「挟み焼きスタイル」
  3. 浮かせて「グリルスタイル」

と、3つの調理スタイルが可能なんです。

特に上のプレートを浮かせて調理する「グリルスタイル」は他の2面ホットプレートにはない最大の特徴で、ピザなどのチーズ料理に最適。

両面の温度設定も、

  • 60~120℃…20℃刻み
  • 120℃以上…10℃刻み
  • SEAR(焼き付け)モード

とかなり細かく設定でき、素材のうまみを閉じ込める焼き付け調理からじっくり低温調理まで幅広いスタイルを叶えてくれるホットプレートです。

ゆこママ
ゆこママ
SEARモードが搭載されているホットプレートはこのデロンギのマルチグリルのみ。肉料理が好きな人に特におすすめです!

クイジナート マルチグルメプレート

挟み焼きグリルとして、そして2面ホットプレートとして重宝するクイジナート(cuisinart)マルチグルメプレート

片面が波型、もう片面が平面になっている便利なリバーシブルプレートが2枚とたこ焼きプレートの3枚の組み合わせで、6種類調理バリエーションが可能に。

たこ焼き穴の直径は43㎜と普通のホットプレートよりも大きめに作られているので、たこ焼き以外の料理(アヒージョやスイーツなど)にも大活躍!

また、BBQスタイルでお肉など油の出る調理をした時は余分な油は油受けに落ちるので、カロリーオフすることもできます。

ゆこママ
ゆこママ
別売りのワッフルプレートもおすすめです!

2面ホットプレートのメリット&デメリット

2面ホットプレートは活用次第でとても便利な調理家電な一方で、面を2つに分けることによるデメリットも生じてくるのも事実。

ここでは、2面ホットプレートのメリット&デメリットをご紹介します。

2面ホットプレートのメリット

2品同時調理ができる

ホットプレートが2面に分かれている場合、それぞれの面で別々の料理を同時調理することができます。

片方でアヒージョ、もう片方でバーニャカウダなど少しづつ色々な料理を楽しめるのでパーティーや女子会に重宝します。

完成した料理を保温しておける

2面ホットプレートは、それぞれの面で温度管理を分けることができる製品がほとんどでう。

片方で高温調理して出来上がったらもう一面で保温するなど、より美味しい状態で料理を楽しむことができます。

挟み焼きができる

2面ホットプレートのほとんどの製品は挟み焼きをすることが可能です。

分厚いお肉も両面で調理すれば、外はカリっと中はジューシーにとても美味しく仕上がりますよ。

2面ホットプレートのデメリット

一度に大量の調理はできない

2面ホットプレートの仕様は折り畳み形式のものがほとんどです。

そのため、通常の大型ホットプレートと比較して調理できる容量は限られてきてしまいます。

洗い物が増える

2面調理をすれば当たり前ですが洗うプレートの数も2枚になります。

洗い物やふき取りの手間は、1面ホットプレートと比較して多少増えるでしょう。

2面ホットプレートで同時調理を楽しもう!

今回ご紹介した2面ホットプレートはコチラ↓

スマホでご覧の場合は右にスクロールできます
商品名 メーカー おすすめポイント
両面ホットプレート
アイリスオーヤマ コスパと機能性のバランスが抜群
2Way Grill Amet
レコルト ひとり暮らしにおすすめのコンパクトサイズ
ダブルホットプレート
マイビストロ 直径26㎝のピザも焼けてコスパ抜群
マルチグリル BBQ &
コンタクトグリルプレート
デロンギ 他にはない焼き付けモードで旨味を凝縮
マルチグルメプレート
クイジナート 波型&平面のリバーシブルプレートが便利

2面ホットプレートは一度に2つの料理ができるだけでなく、挟み焼きやグリル調理も可能にするとても便利な調理家電です。

「あれも食べたいけどこれも食べたい!」「レストランのようなステーキが食べたい!」こんな願いを家庭の食卓で実現できますよ!

ぜひ、活用してみてくださいね。